手弱女メント

むつごとをしても一人

平成30年1月16日

約一ヶ月半ぶりの更新。日本で一番遅いのではないかというくらいのあけましておめでとう。

 

欲求不満なんてことを久しぶりに人に言われたから、ドキドキしたくなって、今から家行きましょうか?笑 なんて返しちゃった。まあ行かないでさびしい家路に一人立っているわけだけど。

 

ドキドキはしたいけど、もう恋なんてしない。それは最早、恋人の為ではない。自分の為。自分の平穏を保つ為。

 

でもやっぱり、後輩の話を聞いていて、恋っていいなって思った。報われない悔しい思いが、人を育てるのだと思う。片思いだって、失恋だって、その只中に人は美しく、強く、悲しい言葉たちを見つけるだろう。その探索は大きく躍動する自由なエナジーによって支えられていると思う。自由なき恋は愛だ。慈しみだ。そんな風に思うんです。大きな愛に包まれている。しかし私は自由ではない。