手弱女メント

むつごとをしても一人

平成31年2月6日

 

じゅんさんに会った。彼はバイでたまに男を買っている。今日買われたのが俺って話で、まあそんな出会いなんだけど結構よかった。最近女に興味があることを打ち明けた。彼は男を買ってヤることをスポーツと思ってやっているらしい。若いうちはどっちもいけたほうが面白いよ、と彼は言った。ラブホテルの泡が出る浴槽につかり、ハメ殺しのTVを見ていたら、福島の郡山で起こった一軒家の火事のニュースが流れた。ミズノのキャップを被ったおじさんが燃えた家の主人である52歳の男性についてのインタビューに答えていた。曰く「彼のいるところにはいつも笑顔や笑い声が起こった。」と。その人の絶望や悲しみに触れることができる人の数は決められていて、ごく少数なのだと思った。じゅんさんや、他の俺を買うおじさんたちがいつも笑顔で接してくるみたいに。根っこに触れなきゃだめだ、どんな仕事も。